本会について

本会について

2018年7月27日金曜日

新宿こどもアート 10期生蟹江杏さん<終了>

8月1日~12日 新宿こどもアート
8月7日(火)こどもアートデー!


<<終了いたしました>>

今年もさまざまなアートイベントが新宿で行われます。

“アートな夏祭り”をテーマにした蟹江杏プロデュースによる、夏のこどもアートイベントを新宿クリエイターズ・フェスタ2018内「こどもアート」(主催:新宿クリエイターズ・フェスタ実行委員会/新宿区)、「こどもアートアドベンチャー」(主催:練馬区)で、開催します。
(練馬区のイベントは追って紹介します)

未来を担う子どもたちが、身体と頭を使い、体験することで、溢れる想像力を働かせて遊ぶ場を、NPO法人3.11こども文庫理事長であり、活動20周年を迎える版画家 蟹江杏が、今年も多彩なアーティストとともにご用意しました。子どもが主役となりアートに触れる夏の1日をお楽しみいただけます。

新宿クリエイターズ・フェスタの公式サイトはこちらから



こどもアートデー!~アートな夏祭り!~

◇開催日時:8月7日(火) 10:00~/整理券配布(ロビー) 9:30~
◇場所 :全労済ホール・スペース・ゼロ
◇参加方法:参加無料・一部プログラムには整理券が必要です(詳細はパンフレット)
◇主なプログラム
1. 大きなキャンバスに絵を描こう「絵と音のライブペインティング」
2. 生演奏で歌って踊ってそして剣舞や演劇も楽しめる「ステージイベント」
<参加アーティスト・団体>
石川浩司(パスカルズ・元たま)/蟹江杏(版画家・こどもアートプロデューサー)
/劇団 飛行船/関口直仁(バリトン歌手)/ジャックと音楽の木/



■ 蟹江杏プロデュースによるこどもアートの特徴
1. 絵画、音楽、ダンス、造作、書道、演劇、絵本、人形劇など
様々なジャンルで遊べる
2. 「アートは順位がつけられない」という考えから、コンペ、コンテストは
やりません
3. 作家活動をしている現役のアーティストが、自分の作風を前提とせず、
子どもを主役にその創作意欲に向き合います
4. 参加アーティストは、アーティストとしてだけでなく大人としても子どもと
向き合います

●こどもアートへの想い(こどもアートプロデューサー 蟹江杏)
「子どもたちは、アートや遊びの本質をちゃんと見ています。著名かどうかなどではなく、その向き合い方や大人ではわかりにくい魅力に子どもたちが反応し、子どもたちによってスターアーティストが発見されることは非常に興味深いです。ぜひ、夏の思い出を作りに遊びにきてください」



ステージタイムスケジュール






アート体験ワークショップ


ヒルトピア アートスクエア




親子でつくろう!





フライヤーデザイン:荒木未来(6期生)