本会について

本会について

2019年11月16日土曜日

自由の森学園「古本募金」準備中

現在、自由の森学園と古書扱い業者の間で「古本募金」を交渉中です。

発足すれば、このページでお伝えします。

自由の森学園公式サイトから申し込むか
所定の電話番号にご連絡するだけで、宅配業者がお宅まで、無料で古書を引き取りに来ます。
業者による査定の上、送料を差し引いた額が、学園に寄付されます。

該当する書籍とは(一例です)
 ISBNコード、同バーコードが記載されている書籍
  →ISBNコードが無い書籍 古い書籍、「個人出版の本」
   ISBNコードがあっても、「百科事典」「コンビニコミック」「雑誌」
  はお取り扱いできません



2019年10月28日月曜日

12期生型染め作家関美穂子さん 倉敷で個展 11/2~21

自由の森学園高校12期生関美穂子さん
倉敷意匠アチブランチにて個展

2019年11月2日~21日 10時~18時(最終日のみ16時まで)

会期中休業日
11月5日、11日、18日




綿や麻に染めた広幅布や、カボチャバッグ、卵巾着、日傘にポーチなどの布作品、手すき和紙に染めた額絵などを展示販売いたします。

在廊日11月2日
〒710-0055
岡山県倉敷市阿知2丁目23-10 林源十郎商店1階
アチブランチ
tel086-441-7710

アチブランチのサイトはこちらから

関美穂子さんのブログはこちらから

関美穂子さんのアトリエの様子は、「もりのあと」3号にて紹介しています。
バックナンバーはこちらから。







2期生革クラフト 関政人さん グループ展<<終了>>

Rocket Factory による作家4人のグループ展
sorabe 関政人さん 参加


<<終了いたしました>>







11月8日(金)~12日(火)
11:00~19:30(最終日 ~ 17:30)

150-0001 渋谷区神宮前5-1-14 Casa M 1F
Galeria M
元ハナエモリビル横入る クレヨンハウス前右折
(類似の名称のギャラリーが近くにありますのでご注意ください)

自由の森学園高校2期生 関政人さんの
sorabe のサイトはこちらから

画像はsorabe のサイトより。





2019年10月4日金曜日

京都「平安蚤の市」に12期生関美穂子さんの型染めロゴ採用

平安蚤の市




京都の新しいマーケット「平安蚤の市」が自由で多様でおもしろい
朝日新聞デジタル travel に紹介されました。こちらから

2019年4月から、毎月10日前後に平安神宮前の岡崎公園で開かれています。

参道の両側と広場に、約150店の古いものの店が並びます。京都市内のアンティークショップや骨董店はもちろん、東京、名古屋、滋賀、岡山などさまざまなエリアから、和洋問わず古いものを扱う店が集まります。出店条件は、古物の販売と古物商の許可を受けていることのみ。自由で、雑多で、あらゆる価値と人種が混ざり合う蚤の市独特のおもしろさがそこから生まれます。(サイトより)

ロゴや幟には、すべて京都で活動する、12期生型染め作家関美穂子さんの図柄が採用されています。




平安蚤の市(岡崎公園 平安神宮前広場にて毎月10日前後開催)

※雨天決行。荒天の場合は中止。開催情報はホームページインスタグラムにて




▶︎2019年内 開催決定日: 10月10日(木)、11月13日(水)、12月10日(火)、1月10日(金)





2019年9月23日月曜日

5期生梶原阿貴さん脚本の映画 10月11日全国ロードショー

5期生梶原亜貴さん脚本の映画「Walkingman」公開
10月11日より全国ロードショー

上映館はこちらから




映画 Walkingman オフィシャルサイトはこちらから

青春物語、根底に社会への怒り 映画「WALKING MAN」、梶原阿貴が脚本
有料記事ですが、朝日新聞(11日)に掲載されました。
こちらから



自由の森学園高校5期生梶原亜貴さんは
在校時の1990年公開の中原俊監督作品「櫻の園」で、主役の一人
久保田麻紀役を演じました。
(劇中劇「櫻の園」ではロパーヒン役) 




原作は、同名のコミック、吉田秋生作

梶原さんはその後も俳優を続けていますが、
近年は、脚本作家としても活動しています。



2019年7月13日土曜日

第5回 Jiyucolor 自由色 <<終了>>

Jiyucolor 2019 ―つなぐ―

2019 年 11 月 11 日(月)~11 月 16 日(土)


<<好評にて終了いたしました>>

会場 ターナーギャラリー  1 階・3 階・4 階

〒171-0052 東京都豊島区南長崎 6-1-3(西武池袋線東長崎駅南口より徒歩 8 分)

自由の森学園同窓会 自由の森学園の教育を支える会は 
jiyucolor を後援しています。

今回は連日ワークショップ開催

11日(月)
 紅型染めトートバッグ 講師:亀谷明日香 2500円 90分 8名定員
 小学生以下は保護者同伴
 ① 13:00から ② 15:00から

12日(火)
 羊毛フェルトの小物 講師:前田千絵子 2000円~2500円
 フェルトケース(キーケース、スマホケース、メガネケースから選択)
 90分~150分 定員3名 10歳以上、小学生は保護者同伴
 ① 13:00から (上記内容で予約優先)
 ② フェルトボールでアクセサリー 500円~ 
   11:00~12:00 15:30~18:00 随時対応

 草木染めミニ機織り 講師:宇津遙香 2000円 草木染め糸、ミニ機織り木枠付き
  2時間 定員8名 小学生以下は保護者同伴
  ① 13:00~ ②15:30~

13日(水)
 板絵! モリカズ! 熊谷守一風の絵を本格的に
  講師:角松健次郎 1000円 持ち物不要 2時間 定員8名
  14:00~

14日(木)
 和裁運針・あずま袋作り 講師:大友美和 500円 
  定員8名 小学生以下は保護者同伴 60分
 ①13:00~ ②15:00~

15日(金)
 磁器線象嵌絵付け 講師:勝村顕飛 1000円(焼成代、送料込み)
 ペンダントトップ、箸置き、タイルから1点選択 30分 定員5名
 小学生以下は保護者同伴
 ①13:00~ ②14:00~ ③15:00~

16日(土) 
 ドライポイント版画 講師:蟹江杏 500円 60分 
  定員8名 小学生以下は保護者同伴
 ① 13:00~  ② 15:00~

予約受付中 

ご予約は先着順となります。メールにて、お名前、電話、参加講座名、時間、人数をお知らせください。
 お問い合わせ、ご予約はこちら→ jiyucolor.artアットマークgmail.com  まで




「Jiyucolor 自由色」は、2014 年に自由の森学園 30 周年を機に発足。アーティストとして活躍する 卒業生、アーティストを目指す卒業生をサポートする団体です。


参加アーティスト(50音順、敬称略、数字は高校卒業期ないし同学年を示す)
秋葉美沙子 絵画 12
安藤萌 木工 21
五十嵐誠 木工 9
石居由望 絵画 29
市川智大 絵画 25
市毛宏明 木工 18
ウエーバーすみれ 絵画 23
宇津(須永)遙香 草木染手織り 12
Yüiho Umeoka 映像 27
大菅千草 ガラスジュエリー 3
大友美和 和裁 3
岡田リマ 陶芸 16
岡部仁美 絵画 25
角松健次郎 絵画 6
勝村顕飛 磁器 12
蟹江杏 版画・壁画 10
亀谷明日香 紅型 9
加茂昂 絵画 14
菊田明理 写真 10
岸田志穂 染・手刺繍 21
櫻井唯貴 絵画 29
相馬未希 絵画 32
高橋萌 絵画 25
竹内弘真 写真 5
谷苑子 絵画 15
辻本絋大 写真 30
寺中(外崎)有希 イラスト 6
永野徹子 切り絵 9
中村かおり 陶芸 13
西川椋大 写真 29
前田千絵子 布フェルト 12
増田遼 陶芸 22
宮崎匠 陶芸 15
森川萌木 木彫・絵画 29
森ノ木ノ子 イラスト 27
柳三四郎 イラスト 20

自由の森学園中学校生徒作品
特別展 灯り展 勝村顕飛 亀谷明日香 永野徹子 中村かおり他

(安藤萌(もゆる)さんはフライヤーに掲載されていませんが参加します。)


<<参考>>

Jiyucolor 2019 募集要項

展覧会名 Jiyucolor 2019 ―つなぐ―
会期 2019 年 11 月 11 日(月)~11 月 16 日(土)
11:00~19:00(最終日 16:30 まで) 会場 ターナーギャラリー  1 階・3 階・4 階
〒171-0052 東京都豊島区南長崎 6-1-3(西武池袋線東長崎駅南口より徒歩 8 分)

内容 7 回目となる自由の森学園の卒業生による展覧会「Jiyucolor 展」を開催します。 Jiyucolor 設立 5 周年となる本展は、Jiyucolor の「これまで」と「これから」をつなぐ展 覧会となります。これまで通り応募資格を満たせば誰でも出品できる自由展示に加 え、灯りをテーマとする展示、事務局選出の作家による企画展示、自由の森学園 在校生による作品展示など、様々な企画を盛り込みます。3 フロアある展示空間は 企画ごとに分け、Jiyucolor 作家を多角的に紹介します。年齢も作品のジャンルも超 え、Jiyucolor を媒介として広がる卒業生の活動を見せる展覧会として、今展のテー マを「つなぐ」とします。
本募集では、自由展示と、灯り展(仮)の出品者を募集します。両方出品する事も 可能です。絵画、染織、陶芸など、作品形態の制限はありません。あなただけが作 り出せる、魅力あふれる作品を募集します。ぜひご応募ください。

応募資格 (参加応募は締めきりました)
自由の森学園中学校及び高等学校の卒業生の方。 これから創作活動を行っていく、またはすでに継続的に行っていて、今後も将来に わたって続けていく意思があること。

自由展示
①あなたが制作したオリジナル作品を募集します。作品のテーマ、形態は自由。 過去の Jiyucolor 展に未出品であること。

②1 点から出品可能。最大で壁面幅 2m 程度。複数作品の組み合わせも可。 出品者数により展示面積を調整します。
 平面作品は壁面に釘打ちまたは 3M コマンドフックを使用。
 会場備品の展示台、長机(4)、イーゼル(4)を使用可。展示台の持ち込みも可。
 展示台(白、汚れあり、サイズは大凡)   H45×W90×D90cm(2)/H80×W40×D40cm(4)/H45×W120×D120cm(1)
電源が必要な作品、音やにおいを発する作品は事前にご相談ください。

③会場の規定により著しく反社会的と解釈される作品、著しく性的と解釈される作品、著しく暴力的と解釈される作品は展示できません。

灯り展(仮)
①あなたが制作したオリジナルの照明作品を募集します。
②1 点から出品可能。最大 5 点程度。(出品者数により変更あり)
吊り型はライティングレールを使用、置き型は会場備品の展示台などを使用。 展示は外光の少ない 3 階を使用予定。

作品販売 展示品の販売をします。手数料は販売価格の 30%、その一部を自由の森学園に寄 付し、残りは Jiyucolor の今後の活動費とさせていただきます。販売を希望しない方 は、事前にお申し出ください。 作品のほか、グッズや書籍の販売も可能です。書籍については販売手数料を考慮 しますので、事前にご相談ください。
①販売価格について
販売価格は 10 円単位になるように四捨五入などして調整してください。消費税が かかる場合も同様に調整してください。
(例)108 円→110 円
②値札について グッズなどは個別に値札をつけた状態で搬入してください。ポストカードなど部数 の多いものはこの限りではありません。事務作業軽減にご協力をお願いします。 剥がしやすいシールなどに作家名(苗字のみ)、税込の総額を表記してください。
(例) × 佃 \500(税別) → ○  佃  \540

搬入・搬出 原則として、本人または代理の方が搬入出を行ってください。遠方の方は事務局が 代理で行います。搬入出にかかる費用は出品者の負担となります。宅配便の利用 可。車での搬入出可。(駐車場は各自探してください) また、スペースの調整上、作品の展示位置については事務局にご一任ください。

搬入:2019 年 11 月 9 日(土)  11:00~19:30
搬出:2019 年 11 月 16 日(土)  16:30~19:30

応募方法 下記資料をメールにてお送りください。(⑤~⑦は現在分かる範囲で) 提出された資料は DM やパンフレットなどの印刷物、展覧会の告知に使用します。 連絡先は展覧会に関わる事務連絡に使用し、それ以外の用途には使用しません。 基本的に応募者全員が出品できるようにします。応募後にお送りする「出品者要項」 にて出品に関する詳細をご確認ください。
①氏名(漢字、ローマ字)
②自由の森学園卒業期  例:10 期生(1997 年高校卒業)
③応募カテゴリー  A. 自由展示  B. 灯り展  C. 両方
④作品画像(JPEG)  1 点 *出品する作品か類似する作品の画像
 *両カテゴリー出品の場合は各 1 点(計 2 点)
⑤自由展示:希望する展示スペースの広さ(最大で壁面 2m まで)
⑥灯り展:希望する出品点数、照明器具の形態(吊り型、置き型など)
⑦展示台、長机、イーゼルの使用台数、持ち込み展示台の有無
⑧略歴(100 字程度)
⑨作品や制作についてのコメント(100 字程度)
⑩連絡先(住所、電話番号)
 メール送付先:jiyucolor.artアットマークgmail.com
 応募締切:2019 年 8 月 4 日(日)(締切りました)

過去の展示風景




ターナーギャラリー



お問合せ 「Jiyucolor 自由色」事務局
佃舞永(9 期生)  斎藤臨(9 期生)  永野徹子(9 期生)  蟹江杏(10 期生)  jiyucolor.artアットマークgmail.com

フェイスブックはこちらから

ツイッターはこちらから

もりのあと jiyucolor 特集号はこちらから


2018年12月1日土曜日

TBS久米宏ラジオなんですけど 鬼沢さん出演「みんな電力」にした理由

自由の森学園は、なぜ「みんな電力」を採用したか




TBSラジオ (土) 13:00-14:55 久米宏 ラジオなんですけど
12.08 土 14:00〜14:30頃
「今週のスポットライト」のコーナー
久米宏 / 堀井美香
鬼沢真之さん(自由の森学園 理事長)
テーマ:「教育とエネルギー」
ゲスト:「自由の森学園」理事長の鬼沢真之さん

埼玉県飯能市にある自由の森学園中学校・高等学校は、2016 年以来「みんな電力」と契約。
もともと社会科の教諭だった鬼沢さんは、選択授業で「林業」を教えるなど、持続可能な社会について考えていたと言います。
2011 年の福島第一原発事故をきっかけに、教育に携わる者として、エネルギー問題にどう取り組んでいくべきか考えるようになり…。
鬼沢理事長と、「教育とエネルギー」をテーマにお送りします。

鬼沢さんは、みんな電力に切り替えた経緯について、
こう語っています。

こちらから


番組サイトはこちらから

当日の様子はこちらから